医療の資格を持っていると信頼されます

医療の資格の保持者が小児科のシステムを変える必要がある日本。海外の病院は待ち時間や病院の営業時間が長い。

医療の資格を持っていると信頼されます
医療の資格を持っていると信頼されます

医療の資格を持った小児科の医師

街の小児科の数が少ないですね。少子化によって経営も成り立たないのかよって病院に行く時は結構な時間を要します。だから毎回、薬も一週間頂いたりしていますがもう少し改善してくださると助かります。待ち時間がとにかく長いので半日掛かりで病院に行くのは時間が勿体無い。海外に住んでいたときはとにかく少子化の危機を改善するために政府も対策をしている国ですが、勿論日本の様にまだ深刻では無い状態でしたが、共働きが当たり前の国ですから小児科は多かった。共働きだと1.小さい子供は体力が無いので風邪を引きやすい。2.平日なかなか時間が取れない3.子供の症状は一変にして変わりやすい。そんな条件を病院側は考慮していました。
朝は8時30から始まりお昼1時から2時まで休み、午後は9時まで診察してくれます。土曜・日曜は8時30から4時まで診察してくれます。週末行ったとしても追加される支払いも無いですし、子供を持った親達にはありがたいシステムです。日曜日に様態が悪くなってもいけるわけです。薬は4日以上は出してくれません。そのたびに行けば診察料が病院側の収入となるからだっと色眼鏡で見る人もいますが、小児科では頻繁にいける方がありがたい。それに診察の待ち時間も日曜日を外せば待って15分ほどです。よって薬も直ぐ薬局で受け取ることができます。医師が余るほどいるこの国は医療の資格を所持していても就職が大変な事情を抱えています。特に週末の医師は医療の資格を持った知人の医師でお互い助け合いながらサービス経営を維持していました。

PR情報