医療の資格を持っていると信頼されます

小児科は今切実に求められてる医療の資格だと思います。それはどうしてか考えていきましょうね。

医療の資格を持っていると信頼されます
医療の資格を持っていると信頼されます

小児科という分野の医療の資格

小児科という分野は今すごく求められていると思います。その資格を持っている先生が少ないこと、小児科専門医という人が少ないことなどを今の親御さんは不安に感じているようです。実際に内科と小児科を一緒にしている病院で診断を受け、それでも治らないので小児科専門医にかかると重大な病気が見つかったということがあったようです。勿論何科の先生も医療の資格は持っています。しかしやはり大人を見る医師と小児科医では心得も違うと思います。まず子どもが好きな人、そして子どもには子どもの扱いができる人というのが重要です。大人と子供は違います。大人には言葉が通じますが子どもには言葉が通じない場合もあります。そういうときに無理やり押さえつけたりするのではなくきちんと子どもの気を静めてからきちんと診断、治療に専念できる人がいいと思います。
医療の資格を持っているというのは素晴らしいことです。しかし最近「小児」とついている病院や小児専門の小児科医がきちんといるところなどとこだわりのある親御さんもとても多いのです。小児科の必要性がすごく感じますね。特に専門医だからめちゃくちゃいい、という訳ではないかもしれません。誤診であってもたまたまという感じでしょう。しかしたまたまがあっては困りますし、空き喚く子どもに声掛けもなく押さえつけて、というのは心配ですよね。なのであえて「小児科」と名まえがついているところを選ぶのでしょう。その気持ちはすごく分かります。私も子どもと接する仕事をしているので特にそう思うのだと思います。

PR情報