医療の資格を持っていると信頼されます

医者になるには医療の資格がないといけないですが、小児科のお医者さんは、その前に子供好きでないといけないです

医療の資格を持っていると信頼されます
医療の資格を持っていると信頼されます

医療の資格以外にも必要な小児科のお医者さん

当然、医療の資格がにとお医者さんにはなれないけど、人として色んなものがないと医者にはなってはいけないですよね。特に小児科とかは、子供が好きでないと、できないお医者さんです。他の診療かとは違って、病人が子供なので、子供の病状を把握するのはすごく難しいですよね。きちんとどこがどう痛いのか、おかしいのかっていうのをうまく説明っていうのができないから、判断が難しいのが小児科だと思います。ほとんど場合、親が代弁とかするとは思うのですが、それでも、ほんにんではないので、わからにないことっていうののは多いですよね。しかも、何もしなくても、ないてしまう子供も多いので、こどもが好きでないとできない職業ですよね。
お医者さんではあるけど、その前にこどもがすきっていう気持がないと、この診療科の医者にはなってはいけないような気がします。注射をする前からないてる子供の泣き声っていうのは、半端ないので、悪いことをしてるような気持になってしまいますよね。病気の予防や治したいって思っているのに、あれだけなかれたら、お医者さんもつらいだろうなって思います。物分りのいい子供なんて、ほんの少ししかいないので、医者である前に、人間として、すごく志をたかくもち、大きな気持にある人でないと、できない仕事だなって思います。子供を小児科につれていくたびに、よく思ってしまうことですね。ゆったりとした中での診察っていうのが子供の心を落ちつかせますね。

PR情報