医療の資格を持っていると信頼されます

看護師という医療の資格を取得するには、大学でのカリキュラムをこなし、小児科の研修を受ける必要がありました。

医療の資格を持っていると信頼されます
医療の資格を持っていると信頼されます

医療の資格を取得するための小児科での研修

一言に医療の資格と言っても、それにはたくさんの種類があります。私は、短期大学に通いながら、その中の1つである、看護師の資格を取得しました。私は幼いときからずっと、ナース服に身を包み、いつも私たち患者に、ニコニコと笑顔でいてくれる看護師さんが大好きでした。そんな私は、自分も看護師となり、患者様の役に立ちたいと思うようになったのです。そうして私は、短期大学に入学を決め、看護師という医療の資格を取得することに励んだのでした。私は看護師の資格を取得するにあたって、様々な経験をしてきました。たくさんのカリキュラムをこなし、病院や福祉施設などでの研修設けてきました。その中でも、特に深い経験を積むことができたなと思うのが、小児科で研修を受けさせていただいたときのことでした。看護師という医療の資格を取得するには、内科、外科、そして小児科の研修が必須なのです。そのため、私も小児科での研修を受けたのですが、そこでの仕事は本当に大変なものでした。なぜなら、子供は大人とは違い、医療行為全てに対して不安を抱き、その気持ちをそのままに表現してしまうからでした。
泣く子もいれば、診察室から逃げ出してしまう子までいたのです。そんな中で行った研修は、内科や外科とはまた違い、とても良い経験を積むことができました。こうして私は、看護師という医療の資格を取得することができたのです。大学の講義もためになるものですが、やはり実際に研修を受けるのは、とても勉強になりました。

PR情報